ツボのこと 漢方のこと 現代医学に基づく理屈 その他感じたこと
by tsuboseitai
以前の記事
2016年 02月
2010年 12月
2009年 08月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

体験談:"はり治療が速やかな効果、歯の治療や顎関節症の際 "

上工中国気功整体院 & 鍼灸治療 へ
f0123950_18315380.jpg
上工中国気功整体院 & 鍼灸治療 へ
f0123950_18150734.jpg
                上工中国気功整体院 & 鍼灸治療 へ

顎関節症等で、歯科治療に困ったときは、中医学に基づいた整体、針治療、漢方が、速やかな効果で心強い味方です。私の歯科治療は、何先生がいなかったら続けられませんでした。

まず、私の辛かったことは、歯の治療中、口を大きく長時間開いていると、アゴがはずれかけることです。毎回、口がうまく閉じるか不安に思いながら、強い力でアゴを「ガックン」と鳴らし、かかる圧力を我慢して、口を閉じていました。そして、(歯の)治療の後は、かみ合わせが変に感じ、耳の下が痛くなり、耳鳴りや頭痛がしていましたが、とても辛かったです。
何先生の治療は、整体でアゴを含む首、肩、全身まで整えられ、あわせて鍼治療で アゴが重い無痛状態になり 痛みから解放されました。同時に 自宅でもできる 口を大きく開く練習や 舌を小さくする方法を指導していただき、アゴが外れかけることは なくなりました。それと 以前は、冬場とくに歯科治療の後、風邪を引いていましたが、今は 体調を保ち (歯の)治療を休むことなく続けることができました。

 また、今回の(歯の)かみ合わせ治療中では、夜あお向けに寝ていると アゴが沈み、 のどがふまるような 息苦しさにびっくりして、何度も目が覚め 辛かったです。「アゴが落ちる」というと 何先生は困惑されながらも、治療してくださいました。はり2本で この苦しさが消え、安心して寝れるようになりました。
 はじめてアゴに鍼を打つときは、ドキドキでした。はりは、ほお骨とアゴとのすき間を広げながら、奥深くに入ってきます。はり全体を感じます。治療の振動で 鍼先に鈍い刺激がありますが、注射の苦手な私でも大丈夫です。実際の鍼を見ると ぬい針の1/3くらいの細さと長さでした。

 それから、口内炎や歯肉炎にも 漢方相談があり、助かっています。整体と鍼治療を受け 体を整えながら 漢方薬を服用したところ、歯医者の先生からも「口の中の新陳代謝がとても良くて、驚いています。すごいね」と 褒めていただきました。その結果「自力での回復は ほとんど望めない」と言われていた 深い歯周ポケットも改善し、手術が回避できました。

何先生は、中国中医科学院のご出身で 中医学・漢方・針灸の専門家でいらっしゃいます。私は信頼して 治療をお願いしています。
 中国中医科学院といえば、2015年に 中国初のノーベル医学・生理学賞を受賞された 屠 呦呦氏は研究院の大先輩と聞きました。「世界的にも認められた中医学・漢方」 それに基づいた(はり)治療が身近に受けることができ、いつも感謝しております。

             上工中国気功整体院 & 鍼灸治療 へ

[PR]
by tsuboseitai | 2016-02-02 23:59