ツボのこと 漢方のこと 現代医学に基づく理屈 その他感じたこと
by tsuboseitai
以前の記事
2016年 02月
2010年 12月
2009年 08月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


花冷えに花粉症

上工中国気功整体院 綱島へ

 さくらが咲くと、春らしい服装がさくらと競い合うように、公園にも、街にも、春爛漫です。
 うぐいすがきれいに歌います。しかし、三寒四温の陽気だから、体調を崩さないことは忘れないように!

 「あんまり薄着しちゃだめよ。」と忠告しても、
 「だって春だから、春らしい服を着たいもん♪」と答えます。
 女心だから、分からないわけがないが。
 
しかし、考えて見てください。
     さくらが春を待って、一気に咲くが、さくらの木が春のために、前の年の夏から栄養を貯めて込んで、秋に紅葉を落とし、冬の間の寒さに身を縮ませて耐えてきました。一年の大分時間をつぎ込んで、この春の二週間に準備してきました。だから、春の寒さに気もせずに、さくらが凛として咲き誇ります。
 春らしい服を身につけたいお嬢さん、あなたはこの「三寒四温」の春のため、体を用意してきましたか?!
 花冷えに花粉が重なる――これも時代の進歩だろうか。樹木が自然の営みにしたがっています。冷暖房完備で一年中快適に過ごせる先進国の中に生きているわれわれは、
   さくらのトンネルをくぐる時に、人間も自然の創造物であることを気づいてみましょう。
 春らしい服を着るため、前の年からも、からだを鍛えて、用意しておかなきゃ!
 健康づくりも自然に遵えるべきではないでしょうか。

      白妙     横浜 三ッ池公園にて 2008/04/06

[PR]
by tsuboseitai | 2008-04-19 19:24
<< 職場の冷房対策はお早めに――冷... 誰のからだをなでるのか?!――... >>