ツボのこと 漢方のこと 現代医学に基づく理屈 その他感じたこと
by tsuboseitai
以前の記事
2016年 02月
2010年 12月
2009年 08月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


尿漏れ、膀胱炎、子宮脱出、脱肛――和式トイレか、洋式トイレか

上工中国気功整体院 綱島 へ

横浜駅のトイレであった不可思議なことを、ヨガの先生が話してくれました。
駅の女子トイレが列をつくっています。後ろで待っている間、妙なことに気がつきました。みんな洋式トイレを待っているようです。和式トイレが空いているのに、誰も使おうとしなかったんです。別に汚れてもいないのに。列をつくった方は、特に和式トイレが使えないような年配者でもなければ、身体障害を持っているようにもなさそうです。

 駅の女子トイレの怪現象を聞いた私が、念頭にすぐ浮かび上がったのは、近年、流行のように、尿漏れ、膀胱炎、子宮脱出、脱肛がよく周りから聞かされます。よくできた女性用のオムツは、堂々とテレビの広告を出すほど、よっぽど、世の中に需要があるように思わせます。

 そこで、世の中に和式トイレが減りつつあるにつれ、しゃがめない女性が増えつつあるようです。和式トイレとの関係が明確に確信はできないけれども、しかしこれは確な現実です。しゃがむと、ひっくり返ってしまう人が増えています。ある研究によれば、そういう多くの人が足首関節の骨にしゃがみに不適しているわけです。どうもあやしいです。カワヤしかない時代、和式トイレしかない時代は、人々はしゃがまなかったというのか?!

 しゃがまない生活を続けると、運動もろくにしないうちに、足腰が弱り、骨盤の底の筋肉を使うチャンスがなくなり、厳しい現実がついに切迫してくるのを実感できるでしょう。

 和式トイレのようにしゃがみ、そして立ち上がる、日にいく度もくりかえれば、ひざ関節や股関節を十分に伸び縮めさせ、立派な下半身の強化訓練になるはずです。同時に、骨盤底の筋肉も知らず知らずのうちに強化されます。
 和式トイレを薦めるわけではないが、和式トイレを使う動作は、ただのスクワット運動とは違います。排泄の生理的要求のため、下半身の協調によって、ひざの関節が痛い方でも、腰の痛い方でも、股関節の痛い方でも、しゃがむ動作を完成させることができるでしょう。

挑戦されたい方は、最初、しっかり手すりをつかみゆっくりためしながらしゃがみをしましょう。

私たちの気功、ヨガ教室(クリック)の参加を勧めます。

ひざ、股関節、腰に痛みや障害のある方、まずもみほぐしておくことをすすめます。

僕の気功整体院に来院することはきっと助けになります。プロによって、指導してもらい、適切なつぼ施術がしてもらえます。

しかし、よく覚えておきましょう――ご自分で努めてやるべきことは、ほかの誰も替わってあげられません。

上工中国気功整体院 綱島 2007 ゴールデンウィーク期間中は平日とおり営業いたします。
[PR]
by tsuboseitai | 2007-04-24 17:02
<< 上虚下実     自由... 背骨の数、つまり脊椎の数はいく... >>