ツボのこと 漢方のこと 現代医学に基づく理屈 その他感じたこと
by tsuboseitai
以前の記事
2016年 02月
2010年 12月
2009年 08月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


背骨の数、つまり脊椎の数はいくつありますか?Ⅱ

上工中国気功整体院 綱島 ゴールデンウィーク期間中は平日とおり営業いたします。

人間は脊椎動物です。脊椎のありないで動物の分類に用いることから、それなりに脊椎の有無は決定的な理由となるわけがあるでしょう。
    その理由は何でしょう? 答えは、動物の神経系のあり方に関わるからでしょう。
さて、本題に戻ります。今年は「肩こりは万病のもと」を議論しようと、何回書きました。首の構造のところまで来ています。今日はまず首の中心にある頚椎の数をはっきりさせましょう。
         頚椎:俗称くびほね。
     普通、頚椎は7つあります。

首筋はきれいと気にしますが、首が痛くならないと、あるいは手や腕がしびれないと、首はねは気にすることがないでしょう。

首のレントゲンを撮ってみれば、頚椎は真っ直ぐになってしまったと、生理的なカーブがなくなってしまいましたとか。頚椎のついかんばんヘルニアとか。頚椎狭さく症とか。

次の話は、頚椎の数が分からなければ、進むことはできません。


一休み。綱島公園の新緑をご覧ください。
f0123950_13325520.jpg


上工中国気功整体院 綱島
[PR]
by tsuboseitai | 2007-04-11 13:18
<< 尿漏れ、膀胱炎、子宮脱出、脱肛... 綱島公園の桜、珍しい品種 >>